先日原作1巻を読んだわけですが、その上で見るとやはり結構端折られてますねー。
今回は特になのかもですけど。

第22層の愛の巣(壁パン御殿)でしばし休暇中のキリトとアスナ。
近所の大きな湖で釣りに興じるキリト。しかし、成果は・・・毎度残念なことに。そんな時にいきなり声をかけてきたオッサン。名前はニシダというらしい。SAOのサーバー保守担当業務をしているという。そんな釣り師のニシダから湖のヌシの話を聞き、ヌシ釣りを手伝って欲しいと頼まれる。
翌日、ニシダが連れてきた釣り仲間のギャラリーに見守られ、釣り上げられた(というか自分で出てきた)ヌシはモンスターだった。武器を持っていなかったキリト。代わりにアスナがあっさりと倒すのだが、そのせいで隠棲中のため隠していた顔がギャラリーにばれて取り囲まれる。
さらに翌日、ヒースクリフからの前線復帰要請を受け、ニシダに一時の別れを告げグランザムへ向かった。

第75層のボス攻略に向かった偵察隊が全滅したことを聞かされた2人。改めてボス攻略を行うべく編成したメンバーに抜擢されるわけだが、アスナを危険な場所へ行かせたくないという想いから、KoB本部に残ってくれと告げる。しかし、アスナはキリトを失ったら自分も後を追うと返す。そんなことにならないように2人で戦おう、と。

血盟騎士団長ヒースクリフを先頭に、ボス攻略に向かったメンバー。天井から現れたボスはスカルリーパー。地面に落下すると同時に逃げ遅れたプレイヤー2名を両腕の鎌で薙ぐ。宙に舞ったプレイヤーを受け止めようとしたキリトとアスナの目の前で霧散した。なんとたった一振り、攻略組の高レベルプレイヤーがたった一撃で死亡したのだった・・・。

いやー、やっぱボス戦のこの迫力っぷりはアニメならではですね。ここまでの話がかなり端折られてたのも、このボス戦の描写の為だとすれば納得がいく。でも、釣り師のエピソードは個人的にもう少し詳細にしてもよかったんじゃないですかねー。この殺伐とした空気の中で、結構いい息抜き話なんですけどね。

つか、ベッドでのいちゃラブシーン多すぎやしないか!!(*`益´*)
くそっ!裏山だ!!実に裏山だ!!

この流れでいくと次回あたりが原作1巻の終盤あたりに差し掛かるのかな?

2024年11月5日 第22層・コラル郊外の湖 釣り師のニシダと出会う
2024年11月7日 第22層・コラル 転移門広場 ニシダに別れを告げ前線へ
第55層・グランザム
第75層・コリニア 転移門広場