0000 「あたし・・・自分の心を裏切った!」

一週間遅れの感想です・・・。orz


0001 リーファの制止を振り切って世界樹上の障壁へ突っ込むキリト。
そこまで彼を掻き立てる存在とは一体何なのか。

0002 ユイの警告モードでの呼びかけをかすかながらに受け取った鳥籠のアスナ。
一縷の望みに賭けて、実験室で抜き取ったシステムコンソールキーを檻の隙間から落とす。
上空からキラキラした落下物を受け取ったキリトは、アスナの意思と気づき、リーファに別れを告げ、最も困難とされる世界樹のグランドクエストへと向かう。

0003 しかし、それは想像を遥かに超える壮絶なものだった。
無尽蔵に襲ってくるガーディアンを、もうすぐそこにいるであろうアスナへの想いを募らせながらバーサーカーと化したキリトの戦闘力を持ってしても打ち破ることはかなわなかった。

0004 あっけなくHP0となりリメインライト化したキリトは、自分の無力さを呪った。
自分は誰よりも強いと思っていた。SAOに比べ、死んでもいいゲームはぬるいとさえ思っていた。しかし、1人の人すら救えない自分の無力さに改めて落胆する。

0005 0006 そんなガーディアンの大軍の中に、リーファが飛び込んでくる。
キリトのリメインライトを掴み、真っ直ぐ出口へと向かうリーファ。
無数の攻撃に晒され、命からがらなんとか外へ脱出する。

0007 蘇生薬でキリトを読みがえらせたリーファ。
しかしキリトは浮かない顔で、もうあんな無茶はしないでとリーファを諫める。
それだけ言ったキリトは、再び世界樹の中へ行こうとするが、リーファは必死で止める。なぜそこまで無茶をするのか、その先に何があるのか。

0008 その答えを意外な形で知ったリーファ。キリトの口からこぼれでた「アスナ」という言葉・・・。

0009 全てが繋がったリーファは自分の気持ちをどうすればよいかわからず、その場でログアウトする。

0010 大好きだったお兄ちゃん。でも、その大好きが異性としてかもしれないと思い始めた直葉は、それを確かめるために眠り続ける明日菜に会いに行った。しかし、はっきりわからないまま、しかし和人の明日菜への想いの深さだけは知ってしまった。
そんな自分の気持ちをALOで出会ったキリトという少年へ向けようとした。いや、もうすでに向いていたのかも知れない。
それなのに、そのキリトが和人だと知ってしまう。

0011 押さえきれない和人への感情を全てぶつけた直葉。でも和人が悪いわけじゃないのは嫌と言うほどわかっている。でもやり場を失った気持ちを目の前にいる和人にぶつけるしかなかった。。。

辛い・・・辛すぎるよ・・・直葉。
キリトは何も悪くない、っていうかむしろ超一途なんだけど、かっこよすぎるんですよ、キリトくんは!
そんな天然ジゴロスキルを垂れ流しておいて、リーファちゃんどうすんのよ!
もう、ほんま一番かわいそうな子だわ、直葉ちゃん。
レコンもいいやつなんだけど、ちょっと頼りないしなぁ。(って何の心配?)