京アニ作品の凄いなあと思うところは、まあ何のひねりもないですがやはり作画クオリティの高さかなと思うのです。

特に人物の表情。決して全カット全力で描いてるわけではないのですが、総じてバランスがいいんですよね。あと、人の動き方の描写もうまいと思います。
この作品も然りで、存分にそのクオリティが発揮されていると思うんですが、世の中的にはあまりいい評価ばかりではないようですね。進行の緩慢さが退屈に感じてしまうのでしょうかね。原作未読なのでそこはなんとも言えませんが…。
てなわけで。
今回もあいかわらず千反田さんはウザかわいいです。もう、それだけでいいです。いいんです。ふと思えば、京アニ作品はキャストが少ないのが多いですよね。少人数の割りと閉じられた話が好きなんでしょうかね。その割には、地味なところでもよく動いていて、画面の退屈さは感じさせないのが凄いです。前作の日常の時も思いましたが、とにかく地味なところにもこだわりを感じる作りこそが全体のクオリティを底上げしてるんでしょうね。