ダカーポ3
むむむむむむむ。。。。。。
果たしてこの回は必要だったのだろうか・・・(´・∀・`)


って思うのは男子としては無粋な話なんだろうなぁ。
どうもいわゆる水着回といわれる内容回を好きになれない。
大抵の場合はあまり意味を持たない回であることが多いのと、そもそも水着姿に興味をそそられないからだろう。
ちなみに言っておくと、別に女体に興味を持たない特異体質とかではない。
むしろめっちゃ好きだ(#^_^#)

なのに水着姿には1ミクロンも食指が動かない。

それがなぜかをふと考えてみた。

思うに、そこにエロスを感じないから。

そういえば昔からそうだったなぁ。グラビアとかに全く興味を惹かれないし、目の保養とか言って夏に海に繰り出す健全な青少年のお楽しみイベントも、さっぱり興味がなかった。

なぜあれだけ肌を露出し、女体の魅力を存分に堪能できるコスチュームにエロスを感じないのかというと、それは至極シンプルで、見られても問題ない出で立ちだから。

そう、自分の場合は女体自体(たとえばパイオツとか、スタイルとか)に対してではなく、「羞恥」に対してはじめてエロスを感じるのである。

恥じらう要素こそがエロスであるということ。

うん、まあ、簡単に言えば変態ということなのでしょうね!

こういうハーレムものの作品を見ていて、よく思うのは、あまりに痴女属性が多いなぁということ。どれだけ性的に大胆な行動を取っていても、恥じらい無くしてエロスは生まれない、と思うわけであります。

普通は、かわいい娘に囲まれて、パイオツ押しつけられて、困る主人公というありえないシチュエーションを楽しむもんなんでしょうが、どうもそれが出来ない哀れな属性のようなんですね、私。

っって、大幅に本筋からずれまくりましたが、今回の水着祭りはまったく俺得ではなかったなぁ・・・ってだけのことなんですけどねw