ラノベ原作未読。見始めた時、まーた歴史人物美少女でした系かぁと、げんなりしたけど、見てるうちに結構アリかも?と思えてきた。

登場人物は特徴含めだいたい史実に基づいてるが、ほぼ女子。そして主人公は「織田信長公の野望」というゲームのマニアで何らかの理由で戦国時代に着たっぽい相良良晴(通称サル)。サルからすれば何が起こるかを知っているので、要所で介入するわけだけど、史実を変えるのではなくて、むしろ史実に忠実になるように動く。逆タイムパラドックス的な。

信奈は伊藤かな恵さん。なんかひさびさに聞く気がするなぁ。

この手の作品は史実ガン無視でハッチャケけ楽しめるか、または史実の人物の魅力をどう出すか、はたまた史実の物語をどう楽しませるか、みたいな感じだと思うんだけど、この作品は史実に基づきながらもラブコメ的な要素を入れてエンタメ化する感じですかね。

ていうか、最近やたらと歴史人物性別入れ替え系が多い気がするんだけど、流行りなのかな?