変態王子と笑わない猫。0201
お嬢様キャラとして登場した小豆梓。そのお嬢様がなぜ「建前」を必要としたのか。




陽人は梓に移った自分の建前を取り戻すべく、月子を伴って隣町に作戦会議をしに出かけた。

和風メイドさんのいるペットカフェに入った彼らは、そこでバイトをしている小豆梓と出会う。

その後の調べでいくつもバイトを掛け持ちしていること、自宅は普通の集合住宅に住んでいることなどがわかった。

なぜ、そこまでしてお嬢様キャラを作るのか。



陽人は梓をデートに誘い、いろいろと聞き出すつもりだったのだが、そこで思わぬ出来事が梓を襲う。

完全に閉ざしてしまった梓。

陽人は月子と梓と自分、本音が見えないもの、建前を頼るもの、建前さえないもの、3人の不完全さを改めて実感することになる。





おちゃらけ展開から一変して、ちょっと重い感じになってびっくりしたw

お嬢様はそもそもなんかあるんだろうなぁと思ってたら、そういうことやったんすな。

ちょっと斜め上行ってた。



部長は月子のねーちゃんやったんかい!!

そっちにもビックリしたわ。

2年でそんなに違う見た目になるのか!?



2話でいきなり意外なシリアス展開が来て、今後どうなっていくのかまったく見えなくなったw

変態王子と笑わない猫。0202
ちなみにエンディングは月子のダンシング。

本音が見えない方の制服の月子と、本音がダダ漏れするまどか風衣装の月子。

なかなかかわいらしかったどすな。(っ´∀`c)