翠星のガルガンティア レドがやっと本領を発揮できたというのに・・・。


翠星のガルガンティア レドが退治したクジライカを巡って、様々な事態が巻き起こってしまいましたね。
宇宙で人類の生存を脅かす存在であるヒディアーズ。
レドがいた銀河同盟では長きにわたるヒディアーズとの戦闘状態のために、もはや戦うために生きていると言ってもいいくらい、目的と手段が交錯してしまっている。
なのでレドからすればヒディアーズは殲滅対象でしかない。
人類を守るために。。。

しかし、まったく環境も文化も違うガルガンティアでは、クジライカは神聖視される存在であり、手出ししなければ襲ってくることはないし、殺すなんてもってのほかという考え方。

どちらも人類の存続のための手段なんだけど、その考え方が真っ向から違うんですよね。

翠星のガルガンティア 船団長はさすが長として君臨しているだけのことはある懐の大きな人物のようですね。レドの一件も「いくつになっても新しい経験というものは訪れるよ」と冷静沈着だったし。

翠星のガルガンティア クジライカの大軍がガルガンティアに接近した際も、その場で取り得る最善の方法でやり過ごしてましたしね。

翠星のガルガンティア 翠星のガルガンティア これまでヒディアーズに殺される仲間を嫌と言うほど見てきたレドは、いくらガルガンティアに世話になっているとはいえ、何を言われようとやはり兵士としての信念を曲げるつもりはなさそうだし、一方のガルガンティア側も何も危害を加えてこないクジライカに手出しをすることには絶対反対の姿勢だし完全な平行線ですね。。。

翠星のガルガンティア そんな中でピニオンとフランジがガルガンティアを離れると言い出した・・・。
それ聞いてビックリしたのか船団長が発作・・・。
うわぁ・・・、あんなに平和だったガルガンティアが・・・。
なんか不穏な音が鳴り出してしまったよ・・・。

ところで、ずっと気になってるんですが、チェインバーはどういうエネルギーで動いているのだろう?まさか永久機関ってことはないよね・・・。