排除しようとするもの、恩を感じて助けようとするもの。組織間の様々な思惑が渦巻く中、協力者の助けを借り、少年は旅立つ。

エウレカと呼ばれるアオの母親。果たしてあのエウレカと同一人物なのか、はたまた流れを汲むだけの別人なのか。ニルバーシュと呼んでいるIFOは…。前作との気になる共通点。

物語は進みつつも、まだ外堀を進んでる感じで、まだ色々見えないかんじですね。