やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。
おやおや、ちょっときな臭い流れになってきましたぞ。


前回のボーイスカウトからの帰り際に見た雪ノ下家のクルマ。
その黒塗りの高級車には、八幡にも結衣にも見覚えがあった。

当の雪乃は、八幡の事故の件については一切なにも語らないし、知らぬ存ぜぬの態度を貫いている。

今回、兄とは違い機転の聞きまくるやり手中学生小町ちゃんのナイスアシストのおかげで花火デートに行くことになった八幡と結衣。
そこで雪乃の姉陽乃と遭遇する。

陽乃の語る雪乃は、八幡や結衣が学校で見る雪乃とはどうやら少し印象が違う。
しかも、人間関係にもかつて何かあったようなことをほのめかす。

花火も終わって解散しようとした時、雪ノ下家の例のクルマが待っていた。

ここでイマイチわからんかったのは、今回のを見る限り陽乃は事故のことを知っている風だったこと。しかもその事故った時に、雪乃は中に乗っていたらしいこと。
たぶん陽乃は乗ってなかったんかな?
ということは、雪乃は八幡をひいたことは認識している。
しかも、姉にもその話をしている、ということになる。

姉はどうやって八幡がその事故の被害者だとわかったのか。
名前で認知したのか、それとも雪乃の姉への話の内容で知ったのか。

でもなんか姉とそんなに仲良い感じでもなかったよな。。。

いずれにしても、雪乃がどういう理由でそれを口にしないのか、さらには自分は全く関係ないという態度をとっているのか。
夏休みが明けて、姉と会ったことを知った雪乃が、何かを言おうとして八幡に遮られて結局何も言えずじまいに。
何を言おうとしたんだろうか。

そのへんが今後の鍵になるということですね。

あー、それと、結衣も花火の帰り道で勝負に出ようとしてましたね。
結局家からの電話で遮られてしまったけど・・・。

このままいくと結衣が噛ませ犬な立ち位置になりそうでなんか切ないなぁ。。。