翠星のガルガンティア
真の主人公はチェインバーだった件。。。


翠星のガルガンティア クーゲル中佐の生前の方針を実行し続けていたストライカー。
しかし、有機的な思考を持たないプログラムであるストライカーは、やがて自己の領域を越権し、暴走状態となっていた。

ある意味、パイロットを失ってもなおその意思を何らかの形で遂行し続けようとするストライカーもまた優秀な機体だったんだろうな。
ただ、クーゲル中佐の考える思想自体がこの地球に住む人類には過酷すぎたと言うか過激すぎたというか。。。

そして、ストライカーも機転を利かせすぎて明後日の方に向かってしまい残念な結果を生んじゃったんやな。

翠星のガルガンティア レドはガルガンティアでの生活を経験したことで「人間らしさ」を持つことが出来て、結果的にチェインバーもそのレドの判断基準を理解し、あくまでパイロットを支援するという自身の役割から逸脱することなく、優秀な啓発システムとしてレドを支援することが出来たわけですね。

ストライカーとチェインバーとの決戦中、レドが命を捨てる覚悟でチェインバーと一体化。これ以上はレドが本当に死んでしまうというタイミングでチェインバーが最終確認をしたときにレドが言ったセリフが印象的だった。

翠星のガルガンティア 「俺は死に方はわかっても、生き方がわからない。そんな俺のために生き方を一緒に探してくれる人がいた。もう一度会いたかった。もっと声を聞きたかった。」

おそらく初めて生に対して執着することが出来た瞬間だったんだろうね。
兵士として生まれ、ヒディアーズと戦うことしか生きる意味を持たず、いつ死んでもいい覚悟を常に持ち続けてただけに、この言葉にはグッときました。

翠星のガルガンティア さらに、このレドの言葉を聞いたチェインバーがレドを兵士としての心理適性を満たしていないため軍籍を剥奪するといって、レドをパージする。
このときあきらかにチェインバーにゴーストが宿った瞬間でしたねw
非戦闘員のコックピット搭乗は許可できないとかいいつつも脱出用ポッドみたいにコックピットに搭乗したまま安全に切り離して、汚れ役を自ら買って出たところとかもうヤバすぎ。・゚・(ノД`)・゚・。

翠星のガルガンティア 「この空と海の全てが、あなたに可能性をもたらすだろう。生存せよ。探求せよ。その命に最大の成果を期待する。」

こんなに優しく愛のある言葉をただの支援啓発プログラムが言えるわけがない。
確実にレドとの絆によって生まれたゴーストがもたらしたものに違いないw

翠星のガルガンティア 翠星のガルガンティア 翠星のガルガンティア 他にもピニオンが憎まれ口を叩いて仲間を逃がして自分がしんがりを買って出る男らしさを見せたり、そんな死に急ぐピニオンを命がけでラケージが救い出したり、ガルガンティアの最大の秘密「天の梯子」はマスドライバーだったりと見どころはあったけど、やっぱチェインバーの粋な行動に全て持って行かれた感じです。

翠星のガルガンティア 翠星のガルガンティア 翠星のガルガンティア 翠星のガルガンティア 翠星のガルガンティア いやー、この1クールという尺の中でいろいろ詰め込まれて、途中ちょっと心配になるところもあったけど、自分的にはチェインバーがかっこよすぎたので、全て良しw
終わり方も気持ちいい感じだったしね。

ブルーレイボックスは全巻予約済みなので、あとは未放送話を楽しみに待ちたいと思います。

今期は本当に豊作なシーズンだったです。

翠星のガルガンティア あああ、チェインバーーーーー!!!(´;ω;`)



なんか2/3くらい記事が消えててビビった∑(゚Д゚;)
なんでだ・・・。