君のいる町
いわゆる出崎演出として有名な止め絵多めな感じで来ましたね。


この演出って業界用語でハーモニーっていうんですね。
とことん古くささにこだわってやってますね。

柚希の声の中島愛さんですが、自分の中での勝手にイメージしてたのとかなり違ってたなぁw
ていうか、「ハルトくん」ていうセリフが多いんですけど、これマクロスFでランカが連発してた「アルトくん!」のイメージが残ってて影響されてんじゃないの??とか思ってしまったw

1話からしてそうだったけど、なんか全体的にシリアス感というか、しっとりした感じで作られてますね。なんていったらいいのかな・・・なんか文学的というか。
ちょっと臭すぎる感じもしますけどね。

今回の広島で柚希と初めて会う話は、ようやく原作の最初の話なんですけど、コメディタッチの部分はバッサリ切って、純粋なラブストーリー色にしようとしてる感じを受けます。
ハルトの幼なじみの尊が、なんかイケメンな感じで描かれてるしw

今回の流れを見るに、かなり駆け足展開は免れない感じですね。。。
原作コミックの方の感想は別エントリで書こうかなと思っていますが、これ、どこまでアニメとして描くかで、相当評価が割れると思います。

現段階ではやっぱりちょっと嫌な予感しかしないですね・・・。