超次元ゲイム ネプテューヌ
ラムちゃんとロムちゃんかわええなぁ。


ネプテューヌ姉妹とノワール姉妹とで遊びにブランの治める国ルウィーへ。
ブランはベールと一緒にいて、女神勢揃い状態に。
で、ブランを除くみんなでスーパー○リオ的な遊園地っぽいところへ繰り出す。
そこで、幼女幼女連呼しながら常にベロベロしてる雑なデザインの悪者にラムロムがさらわれ、それをみんなで助けるお話。

あらすじを文字にすると、そこはかとなく茶番臭が漂ってしまいますが、紛れもなく茶番です。

まあ、茶番はいいとして、みんなカワイイわぁ。(←そればっかやな)

特に妹勢がたまらんですね。

関係ないけど、ブランがどーも八神はやてちゃんに見えてしまう・・・。

今回の敵はやたら幼女幼女連呼してたけど、大丈夫なのか!?
幼女ベロベロとかこのご時世大丈夫か!?

超次元ゲイム ネプテューヌ とか思ってたらアブネスちゃんとかいうこれまた胡散臭い幼女レポーターが出てきて幼年幼女は自分が守るとか言い出す始末。

で、結局何がしたいのかようわからん感じで退場w
なんやねんwww

とまあ、そんな茶番劇の末に、ブランと妹たちとの絆が深まって、他の女神たちとも仲良くなってよかったねー的な展開に。

超次元ゲイム ネプテューヌ で、ブランは一生懸命仕事仕事っていって妹をないがしろにし、他者を排除してまで取り組んでいたのが同人誌でしたとかwww
しかも、邪気眼と書いて「ディスティニー」と読むらしいw

つか、なんじゃこりゃ!!w

でも妹たちがカワイイのでいいです。←いいかげんキモいわ