放送部のラジオで一生懸命古典部をアピールするえるたそ〜〜!
その甲斐あって?古典部が大盛況に・・・なったはいいけど、なんか釈然としない感じ。

とか思ってたら、いろいろ辛い話だったー。

一生懸命がんばってる人のそばで、ちょっとノリでやってみたら、とんでもないクオリティでアウトプットしちゃいました!とか、コツコツ頑張ってる人は堪らないよな。でもこういうことって実は日常的に結構あり得るんだよね。

そこに人間関係のバランス感覚みたいなものとか絡み合って、精神的に結構参ってしまう。

コツコツ頑張るヤツは、頑張る分だけ身になると信じてやる。でも、自分が通ってきた道をいとも簡単に追い越されてしまったら、それこそアイデンティティの崩壊すら起こってしまう。

世の中持ってるヤツって実際いるんだよね。

今回の一連の話で言えば、サトシが一番キツイ役回りというか、もともとのキャラも相まって辛い感じ。



氷菓が完売でヤッホーイな感じではあるものの、いろいろ考えさせられる内容だったわー。