有頂天家族
天狗と狸と人間のお話?


有頂天家族 京都の町並みを描く背景美術すごいですね~。
おそらく実写を加工してるんだと思うんですけど、デフォルメしつつも、写実性も併せ持ってていい感じになってますね。

P.A.WORKSの新作ということですが、ここ最近のP.A.WORKS作品は岸田メル氏キャラデザの青春ものっていうイメージがあったので、かなり新鮮な感じがしますね。

話自体は実はあまりよく理解できていないんですけど、天狗の赤玉先生と、その弟子?で人間の弁天さんと狸の下鴨矢三郎という関係で、師匠である赤玉先生はなにがしかの理由で酒に溺れる怠惰な生活を送ってて、矢三郎がそんな師匠の面倒をブーブーいいながらも見てると。
んで、弁天さんはなんかちょっと立ち位置がわからんのだけど、そんな先生を見限ったのかほとんど顔を見せなくなってて、どうしても顔を見たいという先生のために矢三郎が一肌脱ぐという話?

弁天さんと矢三郎の関係値がよくわからんですね。

でもまあなんか演出とかも凝ってて、P.A.WORKSらしい丁寧な作りは健在な感じでしたね。
それと、櫻井孝宏さん改めて聞くとかなりいい声だなぁ。
イケメンでしかもいい声ってかなりズルいですよねw

というわけで、なかなか面白そうな雰囲気はプンプンする第一話でした。