選挙資金を物販で捻出すべく、大島ロールを大量生産する。千里のまどかコスが見所。

部室で2人きりで作業する裕樹と美冬。裕樹は黙々と大島ロールの量産を。美冬は大島の選挙演説の台本を執筆。・・・と思いきや、というか実際ちゃんと台本は書いてるんやけど、なにやら合間合間にちょいちょい謎の妄想小説?を書いてる。

この妄想小説によると、いつもの裕樹が美冬に告白して、美冬は心に決めた人がいると断り、千里はそれを見て嘆く、的な小芝居を部室でも繰り広げており、その小芝居の通りの展開になっている模様w

みーちゃんがそんな妄想乙小説執筆しながら、大島ロール量産中の部室にいろんな人が入れ替わり立ち替わりやってくる。
皆一様に大島にからんで去って行く。その中で、ケートク生の衣更が専属お手伝いとして派遣されてくる。100人以上いる候補者の中で大島のところに来たことに運命を感じる裕樹の背後でみーちゃんがダークオーラを纏う。

いよいよ予備選挙スタート!数々の物販ブースもあって、もはやコミケばりのイベントっすな。
口数少ない不思議ちゃん売り子の森下さんww

演説原稿を忘れた裕樹のためにもう一回プリントアウトしに部室に戻ったみーちゃん。出力されてきたのは、さっきの妄想小説!!!!さすがに紙にしたら危険でしょ!!!www

大島物販では大島ロールが破格の300円設定で売り出されることに。190円でも高いって言ってたのにと大島の疑問をよそに、なんとお気に入りのコスプレメンバーとの2ショット写真付きとか!

しかもコスがまどマギww(´゚∀゚`)キタコレ
夢島がなぜかほむほむ!!そしてFNOSの薄い本の餌食になり、写真の指名で登壇したほむらコスの夢島と素の大島との2ショットに腐たちが群がるっ!!まさにカオス!!カオスオブカオス!!

コミカライズのほうはボカロ風のコスだったのだが、こちらはさすがTBS効果というべきか・・・。

演説原稿を裕樹に渡すみーちゃん。送り出す千里。
妄想小説を処分しないといけないなーと中身を見たら、そこには裕樹に渡すはずの原稿が・・・wwwほらーww


っていうか!引き続き放送しますって何よ!!!!!
録画できてねぇぇぇーーー∑(´Д`;)
TBSたまにやるんだよなー、この連続放送・・・。くそー。
6話はAT−X待ちかぁ・・・。