リトルバスターズ!~Refrain~ 照れてる鈴、カワエエぇ~!!!(*´д`*)

しかしまたもの凄い展開来たなこりゃ。
来ヶ谷さんは学校に来ずで、みんなはまたさぼってんじゃねー?的に軽く流してたけど、あきらかに理樹と鈴のことを知れば少なからず影響するよね。
なんかもういない人みたいになってるのがちょっと怖かったなぁ。

ていうかそもそも、好きっていう感情実はよくわからない、付き合ってと言われて、おそらくそうするのが現状ではベストな選択肢だっていう状況下で、とんとん拍子に事が運び、更に周りから祝福されるカップリングで、っていうこの展開が、うまくいきすぎてて不気味に感じた。

恐らく鈴は理樹のことが昔から好きだったんだと思う。
恋愛感情かどうかの理解は追いついていないにせよ、ただの幼なじみを超えた感情を抱いていたはず。
一方で、理樹は、そもそもそういう感情を持ったことも無ければ、そういう年頃だと今頃意識してるくらいの鈍さというか稚拙さで、でも男子ってすべからく女子よりもそういうところは遅れてるもの。

で、ここで非常に嫌な予感をまとっているのは、理樹のなんとなく状況に流されてしまっているところ。
たぶん、鈴のことは彼も好意を持っているんだろう。
でもそれが恋愛感情かどうかなんて到底わからない、しかし鈴から提案を受けてそう言い聞かせることにしてる風なところが実に怖い。

こういう場合って、本質があとになって解るパターンで、解ってしまった時に望む姿である場合はいいけど、大抵の場合はまた違う方面からの刺激で覚醒することがほとんどだと思う。

っていう、現実での一般論を当てはめることに何の意味もこの場合は持たないんですけどネ(*゚∀゚*)

いやまあ、でも一抹の不安を感じ続けてたのは事実。
なんだろうな、この何かがしっくり来ていない感じというか、もぞもぞと安心できない何かがうごめいている感じというか。

あれ、そういえば杉並さんって、前にも出てきてたかな?
まったく記憶にないキャラなのに、花澤さんでちょっとビックリした。
これどう考えても理樹に思春期を到来させるための当て馬的な立ち位置ですよね!?
使い捨てキャラにならなければいいけど・・・。