一人で抱え込んでくすぶり続ける稲葉っちゃん。

前回風船葛に突かれて意識するようになってしまった想い。文研部5人の関係と環境を守りたいと思うがあまり、更に不自然に距離を取ろうとしてしまう。この5人ってのがミソよなー。この中で2組カップルってしまったら、そりゃ余りになってしまった奴涙目確定やし。今のところまだどれも確定してないものの、青木と唯、太一と伊織的なムードが出来つつある中で、稲葉っちゃん的にそこにまさか自分がその男のどっちかに想いを芽生えさせてしまったとなりゃ、そりゃ悩むし立ち位置ムズ過ぎ。

でも、そんな思い詰める悩みを、あるきっかけで伊織に打ち明ける。つか、伊織ちゃんのキレっぷりがかなり怖かったw
あの稲葉っちゃんが完全にタジタジになってたよww

なんか、でもいいよねーこういうぶつかり合いというか、青春ですよまったく。風船葛の意図とか目的とかわからんけど、これまで見る限り、彼らの青春を普通の奴に比べて1.5倍くらい濃縮してあげてるんじゃないか思うね。もちろん鬱展開にもつながりかねないけど、やっぱみんな心根はいい奴だからそうはならんのだろうね。