総合評価
D
ストーリー: ★★
キャラクター: ★★★
音楽: ★★★
作画: ★★★
演出: ★★★
原作 監督 脚本 シリーズ構成
キャラクターデザイン メカデザイン 音楽 制作会社
キャスト
ほか
ジャンル

_0014_神様ドォルズ

総評

空守村という非常に閉鎖的かつ排他的な村で育ち、村の神と崇められる「案山子(かかし)」を操れる名誉ある「隻(せき)」と呼ばれる役職に就いていた主人公の匡平。だが、そんな閉鎖的な村が嫌で大学進学を機に東京で独り暮らしを始める。しかし、村がらみの様々な問題は匡平に平穏を与えなかった。

やまむらはじめ原作コミックのアニメ化作品。原作は未読。
閉鎖的な村、昔から受け継がれる伝統、他言無用門外不出の秘め事。ひぐらしのなく頃にを連想させる魅惑的な設定、どういう原理で動くのかわからないけれど村の神様である案山子同士のバトル、匡平の妹で現在の隻の任を受ける詩緒のドジッ子属性など、興味深い内容がてんこ盛りなのですが、いかんせん1クールではその魅力の殆ど出し切れず、なんか面白くなりかけたところで「To be continued」とかギャグかと思いました。
この作品のOPテーマである石川智晶さんの歌う「不完全燃焼」という曲。まさにこの作品の不完全燃焼を歌っていて、わかった上で自虐ネタとしてやっているのならかなり天晴れな体の張り方です。

最後に2期があるかも・・・的なニュアンスを醸してるのですが、これで2期なかったらマジもんで不完全燃焼です。
面白そうな要素が満載なだけに残念でなりません。
久々に絵に描いたような「俺たちの戦いはこれから」ENDを目の当たりにしましたw