総合評価
B
ストーリー: ★★★
キャラクター: ★★★★
音楽: ★★★
作画: ★★★
演出: ★★★★
原作 監督 脚本 シリーズ構成
キャラクターデザイン メカデザイン 音楽 制作会社
キャスト
ほか
ジャンル

_0023_めだかボックス

総評

何をやらせても超人級、見た目も完璧のスーパー女子高校生黒神めだか。もの凄い支持率で生徒会長になっためだかは、宣言どおり学園のよろず意見を募集する目安箱を設置し、次々とめだかならではの方法で解決していく。投書すればどんなことでも解決するその箱を人は「めだかボックス」と呼ぶようになる・・・。

化物語の西尾維新原作、暁月あきら作画による週刊少年ジャンプ連載マンガのアニメ化。西尾維新原作、アニメ制作はガイナックスということで、結構期待して望んだものの、実は最初1話のみを見て放置状態でした。つまらないとは思わなかったのですが、なんか2話以降を見る気がなかなか起きなかったんですよね。でも2期が始まる前にと意を決して一気見を敢行した次第です。
なんか自分的にジャンプアニメは安定して面白いのは理解してるんですが、どうも手をつけるまで時間がかかるんですw

というわけで晴れて全話視聴したので、感想をメモ。
結論からいうとなかなか面白かったです。ジャンプのお家芸(?)とも言えるバケモン的なダイナミックバトル要素もあり、しかもこれまたダイナミック描写に個人的定評を持っているガイナックスが描いていて、アクション面での見応えは十分です。

ただ、めだかの声を豊崎愛生さんが演じているのですが、ここは最初少し違和感をおぼえました。ちょっと声が可愛すぎてキャラに合ってないなーと。でもまあ終わる頃には慣れてましたけどね。

ストーリー的に、よく言えば非常にわかりやすく簡潔、悪く言えば薄っぺらい浅い感じですが、ここは何を主眼に置くかによって評価が分かれるところでしょう。自分的にはこれくらいが変に頭使わず見やすくていいと思いました。
終盤はそれなりの盛り上がりと、最終回でのわりとふんわりした着地も後味としてはよく、ちゃんといい感じに終わったなーと思います。

あと、この作品はテレビ東京で放送されてましたが、なんとあのテレ東でパンチラシーンが結構あるというある意味でのセンセーショナルな作品でした。もちろんエロな感じではないですが、スカートで暴れたらそりゃ見えるでしょ?というごく自然な事象を自然な形で描かれているので、そこは評価に値すると思います。

1クール作品として、自分的には過不足無くまとまってたなかなかいい作品だったと思いました。