総合評価
S
ストーリー: ★★★★
キャラクター: ★★★★★
音楽: ★★★★
作画: ★★★
演出: ★★★★
原作 監督 脚本 シリーズ構成
キャラクターデザイン メカデザイン 音楽 制作会社
キャスト
ほか
ジャンル

_0000_とらドラ

総評

おそらく自分的にラブコメ作品の中では一番のタイトルです。

実はこの作品、放映時にほぼリアルタイムで視聴していたのですが、
最初はまったくなんの予備知識もなく、ただなんとなく録画の予約リストに入れてたので
何も考えずに見始めたわけですが、なんというかよくある学園ラブコメものとは
なんか違うニオイが漂ってたんですよね。

このブログはネタばれ一切なしでいきますので、核心部分はもちろん触れませんが、
この作品の魅力要素を抽出すると、

「絶妙なキャラ設定」→どのキャラにも愛着が持てる。
「人間関係の描き方が秀逸」→それぞれが抱えるものが織りなす人間模様。
「声優陣のキャスティング」→どの役もハマっていると思います。
「全力ぶちまけ感」→感情の出し方がうまい。

という感じだと思っています。
気がつけばOA2話くらいの段階から先の話が気になるのと、
もっと詳細なココロの描写なども気になって、原作を読み始めました。
当然、原作はさらに人間模様の描写や、それぞれの感情の描写などが
細かく描かれており、かつ、アニメではカットされたシーンやエピソードなども
全て見れるので、どんどん読み進められました。

途中で既刊最新刊に追いつき、アニメの最終回と原作の最終回がほぼ同じ時期に来るという
かなりミラクルなタイミングだったのもあって、だれることなく最後まで楽しみ尽くしました。

当然DVDは全巻揃えましたが、去年念願のブルーレイボックスも発売になり、
そちらもやはりスルーできずにポチってしまいました・・・。

でもこの作品は、自分の中でも相当お気に入りの作品なので、全く後悔はありません!

まだ見たこと無い方は、一度ご覧になることを全力でおススメします!!
ラブコメ食わず嫌いの方にも自信をもって勧めます^^