昨日、非常にめずらしいことが起こった。

木金とちょっと用事で神戸に行っており、昨日東京に戻ってきた時のこと。
高速を降りて、一般道を直進していたところ、どこかから緊急車両のサイレンが鳴り、ルームミラーで後ろを見たらパトカーが信号を曲がってこちらにやってきたので避けようと思い端へ寄せたら、どうやらマイクで私の車のナンバーを呼んでいる。

寝耳に水もいいところだったので、まさか自分が呼ばれているとは全く思わなかったのだけど、ん?と思って良く耳をこらしてみると、やはり間違いなく自分が呼ばれている。しょうが無いので路肩に車を停めて警察が来るのを待った。

ほどなく、めがねをかけたまじめそうな警官が私の車にやってきて、こう言うのである。

「今あそこの交差点(後ろの信号を指し)で右折されたとき、右折レーンへ割り込みましたよね?あそこ車線変更禁止ですので、取り締まらせて頂きます。」

私「へ?∑(゚Д゚;)
(この人はなにを言っているのだろう・・・)
いや、私直進してきたんですが。。。
右折なんてしていないんですけど・・・。」

おまわりさん「いや、我々2名で確認してまして、違反されたあと追尾して来ているので間違いありません!(キリッ」

私「いや、間違いあるもないもこっちは真っ直ぐ来てるんだからありえないですよね?」

おまわりさん「いや、ですから我々はこの目ではっきりと違反を確認しておりますので。お気持ちは分かりますが、違反は違反ですので。免許証見せて頂いてもいいですか?」

私「は、はぁ。。。(免許証渡す)」

・・・10分後。

おまわりさん「免許証ありがとうございました。(青切符出して)改めて違反の説明と確認をさせて頂きます。」

私「いや、ですから、全く身に覚えがありません。さっきから何をおっしゃってるのか、さっぱりなんですけど。」

なんか揉めてると思ったのか、もう一人の警官もやってきた。

おまわりさん「(少しイラッとした感じで)何度も言いますが、我々はっきり見ていますので。明らかに車線変更禁止場所で違反がありました。」

私「ちょっと待ってください、しつこいようですが私はそこの交差点を右折自体していません。というか、ここまでの道のりで右折はしていません。あっ!そうだ、このナビ見てくださいよ。このピンクのラインがナビのルートです。これに従って来ています。で、ここの黒い点々がGPSが打つ通ってきた軌跡なんですよ。ほら、真っ直ぐ来てますよね?」

と、私はナビの実際走行した場所を記録するGPSログを見せた。

おまわりさん「う~ん、そんなわけないんですよ。運転手さんの言ってることが本当なら確かにそうなんですが、我々も目視で確認してますからね。」

なかなか埒があかない。こちらとしては警官がマジで何を言ってるのか分からないのだが、証拠と言われるとこのナビのログしかない。これを見せても状況を変えられない場合はどうすればいいのか。

私「実際に違反をしたのであれば当然やむなしなんですけど、今回は本当に意味が分からないんですよ。そもそも右折なんてしていませんし。」

警官同士でなにやらごにょごにょ話している。

おまわりさん「えっと、パトカーに積んでる車載カメラの映像を確認してみますので、ちょっと時間かかりますがいいですか?」

私「そんなのがあるんですか?もちろん、お願いします。(最初から見ろよ!)」

・・・10分後。

おまわりさん「すみません、ちょっとパトカーに来て頂いてもいいですか?」

呼ばれてパトカーへ行って、そこで見せられた映像を見て衝撃が走る。

おまわりさん「ほら、今右折レーンに割り込みましたよね?その後パトカーは直進レーン側へ回り込んでサイレン鳴らして、運転手さんの後ろに付いたんです。」

確かに該当車はあからさまな違反行為をしており、パトカーの待機位置から追尾するために一旦カメラからフレームアウトするものの、直後に映っているのが私のクルマなので、警官の言っていることのつじつまは合っている。しかし、自分はそんなところでそんな違反をした覚えはない。なんだ、この状況は。

しかし、やっていないものを認めるワケにはいかないので、何度も映像を見る。車載カメラなので、解像度はそんなに高くない。なのでナンバーまでは見れない。そこがややこしい。確かに似ているクルマではある。

ちょっと巻き戻してもらうと、該当車がフレームインするところが見えた。そこそこの大きさで映っていたその場面で一時停止してもらって、謎が解けた。

私「すみませんが、ここに映っている違反車は、やはり私のクルマではありませんね。ほらここ見てください、リヤバンパーのリフレクターの位置。私のは黒い樹脂部に付いていますが、この該当車は白い金属部分に付いています。」

おまわりさん「あ、本当ですね。あれ?じゃあ、このクルマはどこへ行ったんですかね?」


知らんがな。


私「これで、容疑は晴れましたでしょうか?」

おまわりさん「もちろんです!!あやうく間違いを起こすところでした。いや、本当に申し訳ございませんでした!!私○○署の▲▲と申しますので、何かお困りのことがあればご相談ください!!!」

え、もしかして国家権力を一回使わせてもらえる権をもらえたってこと???ww


所要時間約1時間。

(゚⊿゚)

あやうく、やってもない違反切符を切られるところでした。。。

こんなことってあるんですね。

なんか、えん罪が起こるのも頷ける気がした。


そんな、レア体験をした貴重な一日でした。