先生!ボロボロですorz




 ←本来の姿
6年もの間、カバンから無造作に出し入れされまくるという過酷な使われ方に耐えてくれた「BOSE QuietComfort® 3(以下QC3)」です。
このヘッドホンは装着感が自分的に合っていたのかとても心地よく、ノイズキャンセル性能も申し分なく、かつデザインも素晴らしいという、もう言うことなしです。強いて言えば値段が高いってことくらいでしょうか。でも、これだけの満足感はなかなかお金で買えるものではないので、非常にいい買い物だったと思います。
音は低音が心地よい程度に持ち上げられてて、解像感はそんなにないですが外で聞く分には耳が疲れない感じの音だと思います。いわゆるドンシャリではなく、でもボーズっぽいチューニングになっています。
音質だけを求めれば、静かなところで聞く用のヘッドホンの方に断然良いのが多いと思いますが、ノイズキャンセリング分野では相当いいと思います。
これを購入する際、最終的には同じBOSEのQC3とQC2で悩みました。QC2は完全に耳を覆うタイプなので、そもそも騒音を物理的に遮断して機械的なノイズキャンセルを最小限にして音質を向上させていると店員さんが教えてくれた記憶があります。しかし、人一倍汗かきな自分としては、夏場の装着感を優先して最終的にはこのQC3を選択しました。
結果としてその選択は正解だったと思います。このQC3のイヤーパッドも触り心地のいい薄い合皮っぽいのがコーティングされていますが、やはり夏場は汗がまとわりつきます。これがQC2だったらと思うとゾッとします。
そんなQC3ですが、さすがにいろいろとヘタって来ました。
古くなったからなのかどうかわかりませんが、最近やたらとハウリングを起こすんですよね。ノイズキャンセリングヘッドホンは外部の音をマイクで拾って、位相を反転してぶつけて消すという内部処理を行っているのですが、そのマイクで拾う音と耳部分から出る音を拾ってハウリングを起こすんです。

ヘッドホンを外すときに起こる確率が高いのですが、このハウリング音が尋常じゃなくデカイ音で、しかもヘッドホンという耳にダイレクトに装着する機器なだけに回避が難しいんですよね。ここ最近やたら起こるようになったので、やはり経年劣化による現象なのかと思っています。
ということで、そろそろヘッドホンを新調しようかどうかを悩み始めています。まだ完全に壊れて使えないわけではないのですが、ご覧の通りイヤーパッドのサラサラレザー風のコーティングも全て剥けきって汗吸いまくりですし、先ほどのハウリングも怖いし(マジ鼓膜破れるかと思うくらいの音量なのです・・)、バッテリー駆動時間も短くなってるし、そろそろかなぁー、と。
とはいえ、次もノイズキャンセリングヘッドホンにしたいのですが、なかなかコレっていうのがないんですよね。

性能はわかりませんが、見た目的にカッコいいなと思ったのは、このモンスターケーブルのやつですかね。
(※12/9/21追記 ノイズキャンセリングタイプが公式から無くなってました・・・。)
あとは、清水の舞台から、いやスカイツリーから飛び降りる覚悟で、コレに突撃するかw